予約した時間になっても引っ越し業者が来ない

引っ越し業者の口コミとか評判を見ていると、

「予定の時間になってもトラックが来ない」
「業者が2時間も遅れてきた」

みたいな書き込みが非常に多いですね。

実際、午後からの引っ越しは遅れてくる業者も多くて、
私もいろんな業者で引っ越しをして、
時間通りに始まったのはそのうち半分くらいです。

特に、2月3月の引っ越しシーズンだと、
「遅刻」の確率も高くなってしまうみたいです。

これは引っ越しという作業の性質上、仕方のない部分もあるので、
数十分のズレは想定範囲内、と考えて
余裕を持ったスケジュールにしておきましょう。

朝イチ便以外は、時間通りに来ないことが多い

朝イチ便というのは、その日一番最初の引っ越しで、
だいたいどこの業者でも8:00か9:00スタートです。
これは、何かトラブルがなければほぼ時間通りに始まります。

ところが、朝イチ以降の引っ越しだと、
前の仕事が終わり次第、移動してスタートということになるので、
前の作業状況によって、早くなったり遅くなったりします。

下見の時にだいたいの作業時間は把握していても、

  • 道路工事でトラックが入れなかった
  • 近所の引っ越しとぶつかった
  • 当日になって急に荷物が増えた
  • バイトのスタッフが役に立たなかった

……みたいなことがあると、
プロの業者でもなかなか時間が読めないものらしいです。

逆に、
「前の引っ越しが早く終わったので、早めにスタートさせてもらえませんか?」
というパターンもあります。
引っ越しシーズンで1日に3件も4件も予約が入っている時期に多いです。

30分過ぎて来ないときは電話で確認を

引っ越し業者は遅れることが多い、とは言っても、
やっぱり何時間も待たされるのは嫌だし、不安になりますよね。

業者側も、大幅に時間がずれそうなときは
ちゃんと電話で連絡を入れてくるはずですが、
前の現場が押していたりすると、忙しすぎて連絡を忘れたりするかもしれません。

30分くらい待ってみて、連絡が無いようなら
こちらから連絡先の番号にかけてみて、目安の時間を聞きましょう。

「遅れて来たんだから安くして!」は通る?

「時間も遅く来たんだから、料金ちょっとくらいまけてよ!」
と言いたくなりますが、
事前にそういう契約をしていたのでなければ、
こっちからその場で値引き要求をすることは残念ながらできないそうです。

見積もり時の料金に同意して契約したなら、
重大な契約不履行などがない限り、料金はそのままということみたいですね。

もちろん、業者の方から「お詫びに値引きします」ということであれば、
喜んで受けておきましょう。