引っ越しが決まったらまず最初にすることは?

引っ越しの準備はやることが多すぎて、
まず何から手を付けたらいいのか困ってしまうものですが、
引っ越しに慣れてくるとスムーズにこなせるようになってきます。

私もはじめての引っ越しの時は、
いろんな手続きをするだけで疲労困憊、引っ越しの前に疲れ果てていたんですが、

「まず最初にこれをやる」
「次にこれを処理する」

みたいな流れが頭の中に入っていると、そんなに大変とも思わなくなりました。

私が自分の経験から身につけた、
引っ越し手続きをスムーズに進めるちょっとしたコツについて書いていこうと思います。

まずは最初に不動産会社へ連絡&確認

私の場合は、引っ越しが決まったらまず不動産屋さんに連絡を入れました。

不動産の賃貸契約は、「退去日の○○日前までに通告をすること」というのが
ほとんどの場合、最初の契約時に決まっています。

ほとんどの場合は「退去日の1ヶ月前まで」というのが多いみたいです。

もし、その期限までに退去の連絡が間に合わないと、
融通を利かせてくれる不動産屋ならいいですが、
そうじゃないと「退去した後の月家賃が発生してしまう」など、
いろいろ面倒なことになってしまいます。

退去の連絡は、早すぎて困るということはないので、
引っ越しが決まったらまずは、担当の不動産会社や大家さんに連絡して、
「○月いっぱいで引っ越しすることになりました」と伝えるのを忘れずに。

引っ越し日が決まっていない場合は

引っ越し日が正式に決まってないときでも、だいたいの目安でいいので
早めに話しておいた方がいいと思います。

正式な書類は後からでも問題無いので、とりあえず電話だけでも入れておきましょう。

できるだけ早く引っ越し業者の見積もりを取る

不動産屋への連絡が済んだら、
引っ越し業者さんとの連絡も、できるだけ早めにしておいた方がいいです。

連絡から引っ越し日まで時間がないと、
引越し業者のスケジュールが詰まっていた場合、

  • 予約が取れないことがある
  • 遅い時間帯の予約に回されてしまう
  • 見積もり料金が高くなる

など、こっちにとってデメリットしかありません。

半年先の予約とかでも、ほとんどの業者で受け付けてくれるので
引っ越しすることが決まっているなら、早めに予約&見積もりしておいてOKです。

目安は引っ越し日の1ヶ月前〜がベスト

引っ越し日が決まっていなくても見積もりは取れるので大丈夫です。
日程が決まった後で連絡を入れれば問題ありません。

2月〜3月末あたりの引っ越しシーズンは、
どこの引っ越し業者も予約がいっぱいに詰まっているので、
「遅くても1ヶ月前まで」に予約しておくのがいいと思います。

早めの予約は一括見積もりがかなりお得

引っ越し業者を早期予約するときは、料金を大幅に値切るチャンス。

最低でも3社〜5社くらいの見積もりを取ってみて、
「相見積もり」にして料金交渉するのがすごく有効です。

例えば、

「アート引越センターさんは52,000円の見積もりでしたよ」

みたいに持ちかけると、他の業者は同額かそれより安くしてくれることが多いです。

ただ、何社もの見積もりと交渉を自力でするのは結構めんどうなので、
私の場合はインターネットの一括見積もりサイトとかを使うことにしてます。

最初にだいたいの見積もりがメールで届くので、
安いところだけに絞って電話してみる、という感じでやってます。
かなりオススメの方法なので、時間に余裕がある人はぜひやってみてください。