公共料金(電気、ガス、水道)の契約変更をする

引っ越しする前には、電気ガス水道など、
公共料金の契約変更をしておかないといけません。

ところが、それぞれ開栓作業が必要なものとそうでないものがあったり、
微妙に手続きが違ったりして、知らないと結構面倒です。

公共料金の手続き方法をまとめてみたので、
これから引っ越しする人は、連絡忘れがないかチェックしてみてください。

まず最初に、基本的なことを

電気会社、ガス会社、水道局にそれぞれ住所変更の連絡と
開栓・閉栓作業の予約をするわけですが、
わざわざ営業所まで行く必要はありません。

基本的に、電話連絡だけでOKです。
今だと、インターネットからでもできることがほとんどだと思います。

その時に用意するもの。

  • お客様番号の書かれた領収書など

電話で連絡する場合も、インターネットを使うときも、
「お客様番号」とか「顧客番号」を伝える必要があります。

領収書か請求書に書いてあると思うので、
連絡するときは忘れずに手元に置いておきましょう。

ちなみに、月の途中で利用停止する場合でも、
その月の料金はちゃんと日割り計算になります。

電気の契約変更のやり方まとめ

解約の手続き(利用をやめるとき)

引っ越し日の「3日前」までに連絡を入れます。
使用停止日は、引っ越しの当日に指定します。

使用停止日までは電気が使えるので、
「引っ越し作業中に電気が止まったら困る!」と思って翌日にする必要はないです。

契約の手続き(利用を始めるとき)

新居で電気を使い始めるときは、事前に連絡しておく必要はありません。

その場で分電盤を操作するとすぐ使えるようになります。
分からなかったら、引っ越し業者の人に聞いてみてください。

利用開始の申込書が備え付けてあると思うので、
それに記入して郵送すれば、手続き完了です。簡単ですね。

水道の契約変更のやり方まとめ

解約の手続き(利用をやめるとき)

引っ越し日の「3日前」までに連絡を入れます。
停止日は引っ越し当日にしておきましょう。

電気と違って、水道局の人が閉栓作業に来る場合があります。
その場合でも立ち会いは不要なので、スケジュールを調整する必要はないです。

契約の手続き(利用を始めるとき)

引っ越し日の「3日前」までに連絡しておきます。
利用開始するときは、

  • 自分で元栓を開ければOK
  • 水道局員が開栓に来てくれる

の2パターンがあるみたいです。
電話したときに聞いておきましょう。

ガスの契約変更のやり方まとめ

解約の手続き(利用をやめるとき)

引っ越し日の「1週間前」までに連絡します。
停止日は引っ越し当日で、ガス局員の閉栓作業が必要です。

契約の手続き(利用を始めるとき)

引っ越し日の「1週間前」までに連絡が必要です。
ガスの開栓は自分ではできないので、必ず開栓に来てもらうことになります。