割れ物の荷造りは引越し業者の専用ボックスが便利

食器とかの割れ物を荷造りするときは、
正しいやり方を知らないと、引っ越し途中で割れたりヒビが入ったり、
荷ほどきしてみて悲しいことになります。

引っ越し経験が多い人でも、結構雑にやってる人が多そうなので
この際、正しい荷造り方法を覚えておきましょう。

引っ越し業者の専用ボックスを使うと楽

引っ越し業者を利用して引っ越すときは、
割れ物用の専用ボックスを借りられるところが多いです。

これを使うと、1つ1つ梱包する手間が無くなって
台所関係の荷造りがすごく楽になります。
これはかなりおすすめです。

大手業者なら多くの業者がやっているサービスなので、
言っておけば下見のときに、ダンボールなどと一緒に置いていってくれます。

自分で割れ物を荷造りする場合の注意点

自分で普通のダンボールに割れ物を梱包するときは、
1つずつ新聞紙で包んであげるのが基本です。

できるだけすき間を作らないように収納して、
空いたスペースにも新聞紙を詰めて、動かないようにしておきます。

それと、ダンボールの底にタオルなどを敷いておくのを忘れずに。

引っ越し作業中は、うっかりダンボールを乱暴に置いたり、
何かにぶつけたりすることが多いので、
底の方の割れ物を保護するために、タオルなどのクッションが必要です。

食器同士を触れさせない

食器同士がガチガチぶつかってしまうと、
思っている以上にあっさり割れたり欠けたりします。

じかに触れ合うことがないように、新聞紙ですき間無くガードしてください。

大きさを揃えて収納する

グラスは重ねて、お皿は大きさを揃えて積むようにします。
大きさがバラバラだと、運んでいる途中に動いたりしてダメージの原因に。

刃物の荷造りにも注意

包丁などの刃物も、運んでいる途中で万が一のことがないように厳重に梱包します。

鞘が付いていないものは、ダンボールで刃先を挟んで、ガムテープで固定。
鞘が付いてるものでも、何かの拍子に抜けてしまう危険があるので、
タオルでくるんで輪ゴム止めしておきましょう。