引っ越し業者に荷造りを頼みたいとき

荷物が多すぎて自分で荷造りできないとか、時間がないときは
引っ越し業者に荷造りから依頼することもできます。

私は荷造りは自分でやる派なので、利用したことはないんですが、
今回調べてみたら、結構安くやってくれそうでちょっと意外でした。

アート引越センターとかサカイとかの大手だと、
基本プランの中に「おまかせコース」みたいなのがあって、
荷造りから荷ほどきまで手伝ってもらえたりします。

料金は荷物の量とかで全然違ってくるので、
改めて見積もりを取ってみないとはっきりとは言えないですが、
荷物の少ない人なら+20,000円くらいからやってくれるところもあるみたいです。

業者がやってくれる荷造りとそうでないもの

基本的に、ベッドとか冷蔵庫みたいな大型家具は、オプション料金を付けなくても、
引っ越し作業の一貫として業者の方で荷造りしてくれます。
というか、大型家具の作業が最初から、料金に計算されてるのだと思います。

あとは、家の壁や床にキズを付けないための保護(養生)作業も、
基本料金の中でやってくれる業者がほとんどみたいです。

逆に、ダンボールを使って詰めるような小物の荷造りは、
基本的にオプション料金になる場合が多いと思います。

あと、エアコンみたいに工事して取り外さないと運べないタイプの家具は、
オプション料金だとしても、基本料金に含んで見積もりするにしても、
かなり工事費用で高くなってしまいます。

荷造り「だけ」を頼みたいときは?

引っ越しは自分でするけど、荷造りだけを業者にやってほしい、という場合でも
大手引っ越し業者ならやってくれるところが多いです。

アート引越センターの場合だと、
「アートエプロンサービス」という荷造り専門プランがあって、
スタッフ2名、2時間の作業で16,800円からとなっていました。

荷造り専門プランとして書いてない業者でも、言えばやってくれると思います。

引越し業者以外だと、荷造り専門の業者というのもあって、
有名どころだと「荷造りサービスコンポ」とかの業者があります。

料金は引越し業者の場合と同じか、ちょっと高いくらいな感じです。

ただ、引っ越し作業も業者にやってもらうのであれば、
荷造り業者と引越し業者別々に頼むよりも、
引っ越し業者に一括したほうが、間違いなく安いです。

荷造り込みの引っ越し料金は一括見積もりでチェック

荷造り込みで依頼する引っ越し料金は、
普通に考えて、引っ越しだけの料金よりも高くなります。

でも、引っ越し業者というのは値引きと競争が激しい業界なので、
2万円〜5万円くらいの値下げはわりとよくあります。

「相見積もりで値切ったら、荷造り料金分をタダにしてくれた」

みたいなラッキーな話も結構聞くので、
数社から見積もりを取って競争させないと損だと思います。

一括見積もりなら、見積もり条件で荷造りあり・なしを選べるので、
荷造り込みの引っ越しをする人は、まず一括見積もりで比較してみるといいです。