複数の業者から相見積もりを取って料金を安くしよう

引っ越しする時によく悩むのが、引っ越し業者選びです。

私も毎回、引っ越しをするたびに、
どの業者がお得なのか、どっちの業者が安いのかといろいろ試してみました。

その結果、分かったことは

「安い業者はタイミングによって毎回違う」

ということでした。

安いと評判の引っ越し業者でも、忙しい時期は他社とほとんど変わらないし、
大手だから高いと思い込んでいた業者が半額以下の値引きをしてくれて
かなり激安の料金で引っ越しできたこともあります。

つまり、お得な引っ越し業者を選ぶためには、

・同時に複数の業者から見積もりを取って、そのとき一番安いところを選ぶ

という方法がベストで、それ以外に方法はないというのが私の結論です。

相見積もりのメリット

いくつかの業者から同時に見積もりを取ることを、相見積もりと言います。

この相見積もりは、料金を比較できるというだけじゃなく、
交渉で値引きになりやすいという大きなメリットがあります。

たとえば、初回の見積もりで

A社:52,000円
B社:45,000円

という見積もりを出してきたとします。

そこでA社の担当者に、
「B社さんは45,000円の見積もりだったんですが、
 もしその値段でやってくれるなら、A社に決めようと思ってます」
と持ちかけると、スケジュールが空いていればかなりの確率で、
その値段まで値引きしてくれる期待が持てます。

引っ越し業者の方でも、これぐらいの値引きは日常茶飯事なので、
もともと価格競争が激しい業界だということもあって、
値引き交渉をするのは今や当たり前のテクニックになっています。

逆に、最初の見積もり額は、
まだ値引きの余地を残したちょっと高めの料金にしている業者が多いので、
「見積もり一発」でハンコを押してしまうのは、かなり損だと思います。

「即決」は避けて、じっくり「比較」するのが値引きのポイント

引っ越しシーズンとかの忙しい時期に、業者さんの口上で多いのが、
「即決してくれたら値引きしますよ」というやつです。

業者側の立場としては、交渉に時間を掛けたくないし、とにかく仕事を取りたい、
ということで、その場で即決させようと頑張ります。

値引きしてくれるんなら、ということでついOKしたくなりますが、
最終的にその業者が一番安くなるかどうかは、
他社の見積もりも見てみないことには分かりませんよね。

よっぽどの格安料金で、これなら絶対に得だと思えるなら別ですが、
数千円〜1万円くらいの値引きなら、焦って即決する必要はないです。

ちゃんと、見積もり依頼した全部の業者に話を聞いてみて、
それから決めても遅くはないと思います。

相見積もりが楽になる「一括見積もり」の使い方

普通に相見積もりを取ろうと思うと、結構大変です。

たくさんある引っ越し業者から数社を選んで、
電話をかけて、それぞれに荷物の量を説明して、とこれだけでもかなり面倒なので、
私はインターネットの一括見積もりで一気にチェックするようにしてます。

最大10社まで同時に見積もりができるうえに、
最初の見積もりをメールで受け取るようにすると、
興味のある業者とだけ連絡を取り合えば、他は無視して問題ないです。

これを知ってるのと知らないのでは、
相当、業者選びの精度に差が出てくるだろうなと思っています。

インターネットがあれば5分で見積もり

業者選びの作業に時間がかからない、というのが最大のメリットだと思います。

サイトから必要事項を記入して、見積もりを取りたい業者を選ぶだけなので、
実際の作業時間は5分〜10分くらいです。

情報を送ってから2日以内に、メールか電話で概算の見積もり額を教えてくれます。

電話にすると、最終的に交渉しないところとの連絡が面倒なので、
連絡先はメールにしておくのがおすすめです。

気になった業者を選んで連絡、下見に来てもらう

最大で一度に10社までの概算見積もりが取れますが、
10社全てを下見に呼ぶと、対応とか時間調整が大変なことに。

よさそうな業者を3社くらいに絞って、
メールか電話で折り返し連絡して下見の予約をするのがいいと思います。

業者を選ぶポイントは、料金ももちろんですが
電話応対の態度や対応の早さなども、考慮するポイントにしてみてください。